春課題:学部ゼミ新4年生(16期生=2017年度3年生)

提 出

2018年5月8日(火)
学部新4年生は、期日までに、以下の課題論文(卒論草稿)を本サイトの「メディア」にアップロードしてください(ファイル形式は、原則としてMS -Word文書ファイルとする)。

課題論文

以下の内容を、すべて含むものとします。

1.テーマ(仮タイトル)=内容を的確にあらわし、かつ魅力的なもの

2.アブストラクト=ねらい・方法・概要などを1200字以内にまとめる

3.プロット=目次案(構成案)

4.ラフ・ドラフト(20,000字程度)=いずれかの章もしくは全体についての草稿

5.参考文献一覧

<論文の書き方>に関する参考文献

※レポート(論文)の執筆にあたっては、必ず論文の書き方についての参考書を参照し、形式・内容の両面において学術論文の水準を満たすこと。
1.斉藤孝・西岡達裕『学術論文の技法』【新訂版】、日本エディタースクール出版部、2005。
2.櫻井雅夫『レポート・論文の書き方 上級』慶應義塾出版会、1998。
3.白井利明・高橋一郎『よくわかる卒論の書き方』ミネルヴァ書房、2008。
4.高崎みどり編著『大学生のための「論文」執筆の手引―卒論・レポート・演習発表の乗り切り方―』秀和システム、2010。
5.花井等・若松篤『論文の書き方マニュアル―ステップ式リサーチ戦略のすすめ―』有斐閣アルマ、1997。
6.戸田山和久『論文の教室―レポートから卒論まで―』NHKブックス、2002。

なお、上記参考文献は、あくまで論文執筆のための「参考」書である。必ずしたがうべきマニュアルのように扱うことのないように、注意すること。

註や文献の表記の仕方

※引用・参考文献の出典の表記の仕方には、大きく2種類ある。これらの方式を混合させないこと。
1.脚注/巻・章・節末注(Notes and Bibliography)方式:本文中の該当箇所に右肩に小さく番号をつけ(括弧をつけることもある)、それに対応して注をつける。
2.著者名・発行年(Author-Date References)方式:本文中の該当箇所に(著者名 発行年、頁数)を入れ込み、巻末に参考文献一覧をつけ、照合可能とする。文献出典以外の注は、1と同様の方式でつける。
なお表記方法の細かい点については、<論文の書き方>の本でも必ずしも一致していないところもある。一つの論文のなかで、整合性(統一)がとれていればよい。

※英文文献の表記に関しては、The Chicago Manual of Style: The Essential Guide for Writers, Editors, and Publishers. 16th edition. Chicago: The University of Chicago Press, 2010. の主として14-15章(pp.653-810)を参照すること。上記の1と2の区別についても詳細な約束事についての記述がある。それらは、日本語の註 や文献表記にもある程度応用できる。(大学院進学予定者は、一度は目を通しておくこと。)現在は、The Chicago Manual of Style Online (http://www.chicagomanualofstyle.org/home.html)としても、手軽に利用できる。

以上

【学部ゼミ】2017年度(15期生)卒業論文発表会

as of 01/17/2018

日時:2017年1月27日(土)
場所:三田キャンパス・大学院校舎4階348教室

プログラム

時刻 発表者 題目 指定質問者
1230-1300 豊田 英嗣 カンボジア農村部にて「教育不在の空間」が消滅しない原因の分析-日本の教育経験との比較を通じて- 宇多、須藤
1300-1330 横井 裕子 人権を基盤に考える、自己・他者承認と超国家的アイデンティティを育てる対話的教育 前田、清田
1330-1400 阿久澤 はるか 日本語指導教員の指導に必要な視点~外国人児童生徒の指導の体制整備に向けて~ 阿部、清田、前田
1400-1430 樫村 瑛里子 大学中途退学者減少に向けた学生支援の課題 今泉、上田、谷藤
1430-1500 勝呂 めりさ 「総合的な学習の時間」の評価における課題とその改善に向けて 倉持、髙野、西村
1500-1515 休憩
1515-1545 加納 舞子 社会関係資本の構築により日本の学力格差是正を目指す―学力格差が生じる原因分析― 齊藤、今泉、宇多
1545-1615 萩原 桃子 障害理解のためのインクルーシブ教育~インクルーシブ教育が浸透しないのはなぜか~ 西村、齊藤
1615-1645 河本 美紗 男女共学・別学論争の分析~学力とジェンダーの観点から~ 須藤、倉持、上田
1645-1715 高橋 彩夏 日本の公立学校における移民の子どもたちへの言語支援教育―母語継承支援を含んだ新しい言語支援教育の実現に向けて― 谷藤、阿部、髙野
1715-1730 写真撮影
1730-1800 片付け・移動
1800− 懇親会

以上

学部ゼミ夏課題(2017年度)

提 出

4年生:2017年9月20日(水)09:00【厳守】
3年生:2017年10月11日(水)09:00【厳守】
本サイトの「メディア」にアップロードする(ファイル形式は、原則としてMS -Word文書ファイルとする)。

☆コメント締切は、当該論文「夏課題検討」発表の前の週のゼミ開始時(例:10月4日発表予定者の分のコメントは、9月27日ゼミ開始時刻までに)厳守。4年生はゼミ合宿の際に、相互に相談をして発表日を確定してください。

課 題

≪3年生対象≫

0.以下にあげるものをはじめとして、<論文の書き方>に関する参考書を複数通読すること。
1.研究課題を決める(卒論のテーマを意識しつつ)。
2.その課題に関連する参考文献(少なくとも50点)を検索し、リストを作成する。
(単行本、論文、資料など)
3.参考文献のうち、少なくとも10点について精読し、ノート(カード)をとる。
(ノートをもとに、それらの要約をまとめる。)
4.精読した文献から、設定した課題に関する現在の研究水準として、
–a) なにがどこまで明らかにされているのか、
–b) 対立する考え方(論争点)としてどのようなものがあるのか、
–c) 今後の研究課題としてなにが残されているのか、について確認する。
5.上記4に基づいて、自分の研究は、「なにについて」「どこまで」「どのように」して明らかにしようとするのか、
について考えをまとめる。
6.以上をふまえて、8,000〜12,000字程度の【論文】をまとめる。
論文には少なくとも、以下の諸点が含まれていなければならない。
–a) テーマ(タイトル)
–b) テーマの概要(上記5)
–c) なぜそのテーマを課題とするのか
–d) 先行研究の検討(上記4)
–e) テーマの具体的内容・展開
、今後の研究の見通し・計画・予定
–f) 参考文献リスト

≪4年生対象≫

0.The Craft of Researchの内容についてよく復習すること。
1.卒業論文の下書きにあたるものを、40,000字程度にまとめる(表題・アブストラクト・目次・注・参考文献一覧をつけたもの)。☆ただし字数を増やすことに腐心して、引用の継ぎ接ぎを重ねたノートのような「論文」にしないこと。字数は少なくても、論や章の筋立てが明確なものにすること。
2.章の構成の仕方、註のつけ方、参考文献の表記の方法などについては、各自、以下に示すような<論文の書き方>に関する書物を複数参考にして正確な様式を用いること。

<論文の書き方>に関する参考文献

※レポート(論文)の執筆にあたっては、必ず論文の書き方についての参考書を参照し、形式・内容の両面において学術論文の水準を満たすこと。
1.斉藤孝・西岡達裕『学術論文の技法』【新訂版】、日本エディタースクール出版部、2005。
2.櫻井雅夫『レポート・論文の書き方 上級』慶應義塾出版会、1998。
3.白井利明・高橋一郎『よくわかる卒論の書き方』ミネルヴァ書房、2008。
4.高崎みどり編著『大学生のための「論文」執筆の手引―卒論・レポート・演習発表の乗り切り方―』秀和システム、2010。
5.花井等・若松篤『論文の書き方マニュアル―ステップ式リサーチ戦略のすすめ―』有斐閣アルマ、1997。
6.戸田山和久『論文の教室―レポートから卒論まで―』NHKブックス、2002。

なお、上記参考文献は、あくまで論文執筆のための「参考」書である。必ずしたがうべきマニュアルのように扱うことのないように、注意すること。

註や文献の表記の仕方

※引用・参考文献の出典の表記の仕方には、大きく2種類ある。これらの方式を混合させないこと
1.脚注/巻・章・節末注(Notes and bibliography)方式:本文中の該当箇所に右肩に小さく番号をつけ(括弧をつけることもある)、それに対応して注をつける。
2.著者名・発行年(The author-date system)方式:本文中の該当箇所に(著者名 発行年、頁数)を入れ込み、巻末に参考文献一覧をつけ、照合可能とする。文献出典以外の注は、1と同様の方式でつける。
なお表記方法の細かい点については、<論文の書き方>の本でも必ずしも一致していないところもある。一つの論文のなかで、整合性(統一)がとれていればよい。

※英文文献の表記に関しては、The Chicago Manual of Style: The Essenntial Guide for Writers, Editors, and Publishers. 15th edition. Chicago: The University of Chicago Press, 2003. の主として16-17章(pp.593-754)を参照すること(最新版は、17th edition)。上記の1と2の区別についても詳細な約束事についての記述がある。それらは、日本語の註 や文献表記にもある程度応用できる。(大学院進学予定者は、一度は目を通しておくこと。)現在は、The Chicago Manual of Style Online (http://www.chicagomanualofstyle.org/home.html)としても、手軽に利用できる。

以上

【学部ゼミ】2016年度(14期生)卒業論文発表会

as of 01/24/2017

日時:2017年1月30日(月)
場所:三田キャンパス・南校舎4階447教室

プログラム

0900-0925 原梨花子 これからの小学校における英語教育について ~文字指導の意義と必要性~
0925−0950 水野煕也 大学教育の改善に資する認証評価制度構築—内部質保証の実質化に向けて—
0950-1015 岡野史恵 理工系人材の質的充実のために ―飛び入学に着目して―
1015-1040 前田龍太 特別支援教育の就職率改善の道を探る ―日本とスウェーデンの比較を通して―
1040-1050 休 憩
1050-1115 田智善 韓国社会における脱北青少年の適応のための教育 ―脱北者と韓国人の相互適応のための教育を―
1115-1140 金澤遥 「自覚的自己形成」のための教養教育 〜授業における2つの“対話”に着目して〜
1140-1205 中野ゆみ 学校は少年非行を減らせるか -現行の非行防止策から考える―
1205-1230 古谷りこ 幼小連携を進展させる ―私立幼稚園と小学校の視点から考える幼小連携―
1230-1310 昼休憩
1310-1335 田崎千尋 国際バカロレア教員養成における課題の検討 〜理念に沿った教科指導の実現に向けて〜
1335-1400 本村真由子 学校全体で実施する総合学習 ―カリキュラム編成時における学校の裁量に着目して―
1400-1425 山端彩花 読解力向上に有効な教育 ―授業と評価の関係に着目して―
1425-1450 高橋杏果 英語による音声コミュニケーション能力の養成 ―「ドラマ」教育実践の可能性―
1450-1515 渕井亮太 「市民性」といじめ問題 ―いじめ防止の観点から考えるシティズンシップ教育の可能性―
1515-1525 休 憩
1525-1550 平井海太郎 児童虐待発生予防のために 〜親の能動性とブックスタートに着目して〜
1550-1615 井上実香 奨学金制度改善で教育の機会均等を目指す −日本に給付型奨学金がない原因を探る−
1615-1640 田代綾香 より密接な博学連携へ
1640-1705 高橋亮 「不登校支援」 ‐適応指導教室の活用の余地に着目して‐
1705-1730 青山内津子 日本における多文化教育の推進に向けて ―今、 公教育変革の転換点に立たされて―
1730- 総 括

以上

春課題:学部ゼミ新4年生(15期生=2016年度3年生)

提 出

2017年5月9日(火)
学部新4年生は、期日までに、以下の課題論文(卒論草稿)を本サイトの「メディア」にアップロードしてください(ファイル形式は、原則としてMS -Word文書ファイルとする)。

課題論文

以下の内容を、すべて含むものとします。

1.テーマ(仮タイトル)=内容を的確にあらわし、かつ魅力的なもの

2.アブストラクト=ねらい・方法・概要などを1200字以内にまとめる

3.プロット=目次案(構成案)

4.ラフ・ドラフト(20,000字程度)=いずれかの章もしくは全体についての草稿

5.参考文献一覧

<論文の書き方>に関する参考文献

※レポート(論文)の執筆にあたっては、必ず論文の書き方についての参考書を参照し、形式・内容の両面において学術論文の水準を満たすこと。
1.斉藤孝・西岡達裕『学術論文の技法』【新訂版】、日本エディタースクール出版部、2005。
2.櫻井雅夫『レポート・論文の書き方 上級』慶應義塾出版会、1998。
3.白井利明・高橋一郎『よくわかる卒論の書き方』ミネルヴァ書房、2008。
4.高崎みどり編著『大学生のための「論文」執筆の手引―卒論・レポート・演習発表の乗り切り方―』秀和システム、2010。
5.花井等・若松篤『論文の書き方マニュアル―ステップ式リサーチ戦略のすすめ―』有斐閣アルマ、1997。
6.戸田山和久『論文の教室―レポートから卒論まで―』NHKブックス、2002。

なお、上記参考文献は、あくまで論文執筆のための「参考」書である。必ずしたがうべきマニュアルのように扱うことのないように、注意すること。

註や文献の表記の仕方

※引用・参考文献の出典の表記の仕方には、大きく2種類ある。これらの方式を混合させないこと。
1.脚注/巻・章・節末注(Notes and Bibliography)方式:本文中の該当箇所に右肩に小さく番号をつけ(括弧をつけることもある)、それに対応して注をつける。
2.著者名・発行年(Author-Date References)方式:本文中の該当箇所に(著者名 発行年、頁数)を入れ込み、巻末に参考文献一覧をつけ、照合可能とする。文献出典以外の注は、1と同様の方式でつける。
なお表記方法の細かい点については、<論文の書き方>の本でも必ずしも一致していないところもある。一つの論文のなかで、整合性(統一)がとれていればよい。

※英文文献の表記に関しては、The Chicago Manual of Style: The Essential Guide for Writers, Editors, and Publishers. 16th edition. Chicago: The University of Chicago Press, 2010. の主として14-15章(pp.653-810)を参照すること。上記の1と2の区別についても詳細な約束事についての記述がある。それらは、日本語の註 や文献表記にもある程度応用できる。(大学院進学予定者は、一度は目を通しておくこと。)現在は、The Chicago Manual of Style Online (http://www.chicagomanualofstyle.org/home.html)としても、手軽に利用できる。

以上